Safingのイラスト

AWSのセキュリティをもっと分かり易く、もっと強固に。

小規模からエンタープライズのシステムまで、Safingを使ってAWSのセキュリティ管理すれば、チームセキュリティ脆弱性や攻撃が自動レポートされ、完了させる方法や対策も明確把握できます。

Safingとは

難しいことはなく、誰でも簡単に使える

AWSで構築されたシステムの脆弱性や脅威を検知し、対応策まで記載されたレポートが自動で可視化されます。専門知識が不要なため、今までセキュリティチームが、多くの時間を費やしてきた、脆弱性診断、分析、調査、対策の検討から解放され、対応や予防検討に時間を割くことができるようになります。

チェックマーク

専門知識不要

チェックマーク

対応策を提案

チェックマーク

24時間監視

セキュリティ運用の課題を解決し持続性、継続性高いセキュリティを

シールドアイコン

セキュリティのスキル

  • 専門性​、スキルをもった人材がいない
  • セキュリティ対策の方法がわからない
  • インシデントの検知基盤を構築したい
クラウドアイコン

AWSのスキル

  • AWSのセキュリティに詳しいエンジニアがいない
  • AWSのセキュリティ対策が可能なエンジニアがいない
  • AWSのベストプラクティスに沿った最適化行いたい
リソースアイコン

リソース

  • 調査や対応検討の為の工数の確保が難しい
  • 24時間365日のセキュリティ検知の体制がない
  • 新しい脆弱性をキャッチアップする為の体制がない

Safing


脆弱性診断

専門知識不要で自動化されたサービス導入で脆弱性診断基盤を構築、AWS上のシステムの脆弱性診断が簡単に行なえるようになります。

  • 日本語化されたレポート
  • 各脆弱性が4段階でレベル分けされリスト化
  • 脆弱性の対象となったリソースのリスト化

攻撃/脅威検知通知

専門知識不要で自動化されたサービス導入で24時間365日の攻撃/脅威検知通知基盤を構築、不正な操作や攻撃を検知し通知が行えるようになります。

  • 24時間365日リアルタイム(15分サイクル)の検知
  • 重要度に合わせてオートコールによる通知が可能
  • インシデントチケットの自動連携

対応策レコメンド

脆弱性、攻撃/脅威に対して推奨される対応策をレポートまたはインシデントチケットにより自動提案いたします。

  • 検知検出結果に合わせて目線で推奨される対応策を提案
  • 対応策はコマンドレベル、実際の設定レベルで提案
  • 不明点は有人によるサポートも提供可能(有償)

どこまでも簡単で効率的に
セキュリティを高めることができます。

レポートイラスト

潜在的な脆弱性を洗い出す

AWS Security Hub、Amazon Inspectorを使用プラットフォーム上の脆弱性とOS内の脆弱性を診断します。独自プログラムで診断結果を収集し脆弱性の詳細、推奨の対応策が提案されたレポートを自動生成します。潜在的な問題を顕在化しシステムの脆弱性を洗い出します。

対応するセキュリティ基準

  • AWS Foundational Security Best Practices
  • Center for Internet Security (CIS) AWS Foundations Benchmark
  • Center for Internet Security (CIS) Linux (Amazon Linux, CentOS, Debian, Ubuntu)
  • Center for Internet Security (CIS) Windows Server
フローチャート

セキュリティの脅威を監視

Amazon GuardDuty、IAM AccessAnalyzerを使用し悪意のあるアクティビティ(操作)、不正動作、不正アカウント連携、サーバの乗っ取り等を検知します。独自プログラム検知内容を収集し分析、詳細と推奨される対応策をインシデントチケットとして自動起票します。またオートコールやSlackによる通知で攻撃を見逃しません。

対応する通知方法​

  • Email
  • オートコール
  • Slack メールインテグレーション
  • 課題管理ツールへの自動起票

簡単なステップですぐにご利用いただけます。

STEP 1

STEP 1 イラスト

お申し込み

プランをお選びいただき
お申し込みいただきます。

STEP 2

STEP 2 イラスト

導入

自動化された設定で導入は
1〜3営業日で完了

STEP 3

STEP 3 イラスト

開始

脆弱性診断
脅威、攻撃検知通知の開始

システムにあった最適なプランを

ベーシック

¥33,000

1AWSアカウント/月

  • AWSの脆弱性レポート
  • 5台までのOS脆弱性レポート
  • 対応策の自動提案

エンタープライズ

¥165,000

1AWSアカウント/月

  • AWSの脆弱性レポート
  • 1000台までのOS脆弱性レポート
  • 対応策の自動提案
  • 脅威/攻撃検知
  • オートコール通知
  • インシデントチケット起票
  • 問い合わせサポート

よくある質問

脆弱性修復の対応が可能な弊社パートナーをご紹介させていただくことが可能です。

検知後の対処方法はインシデント起票され、内容をご確認いただきお客様にて対応を行っていただいております。

現在の利用料の1〜2%程度の費用発生します。

SecurityHub、GuardDuty、IAM AccessAnalyzer単体での利用はできません。

可能で御座います。特に構築段階で脆弱性を診断しながら進めることで効率的に強固なシステム構築することが可能です。

まずはお試しください